VIVO ナノクラスター水
FacebookG+

NMR測定核磁気共鳴

ピュアな水:NMR(核磁気共鳴)測定値【75Hz以下(世界最小値)】

核磁気共鳴器という機械を使って、私たちは水の分子運動の度合いを測定します。
分子運動が活発であればあるほど、測定値は小さくなります。
一つの水分子は、酸素1と水素2の結合で、この水分子の水素結合の数が少なければ少ないほど、その水の純度は高く、水分子活動が活発になります。そして逆に、水素結合の数が多くなればなるほど純度が低くなり、水分子運動は鈍くなります。
従って、水のNMR測定値が小さいということは純度が高く、非常に浸透し易いということになります。
ちなみに水道水(東京都渋谷区)は約150Hz、純水は89Hzです。