VIVO ナノクラスター水
FacebookG+

NMR測定核磁気共鳴

ピュアな水:NMR(核磁気共鳴)測定値【66Hz(世界最小値)】

核磁気共鳴器という機械を使って、私たちは水の分子運動の度合いを測定します。
分子運動が活発であればあるほど、測定値は小さくなります。
一つの水分子は、酸素1と水素2の結合で、この水分子の水素結合のかたまりの数が水の分子を構成するクラスターの大きさになります。水分子の塊の数が少なければ少ない程、水の分子運動は活発になり、逆に沢山結合していれば遅く、鈍くなります。
水のNMR測定値が小さいということは、その水のクラスターを構成している水分子の数が少ないということですので、その水は、クラスターが小さくてきれいな水だということが言えます。
ちなみに水道水(東京都渋谷区)は約150Hz、純水は89Hzです。

 

NMR測定核磁気共鳴