VIVO ナノクラスター水
FacebookG+

開発背景

今から20年程前、片山誠二博士(元静岡県立大学薬学部助教授)がひとつの論文を発表しました。それは、加齢により人体の水分量の内ナノクラスター水の割合が減少する(赤ちゃんは極めて多く、成人は減少し一定値に達する)、という実験結果をまとめたものでした。当時、水が情報を保持・記憶することに着目し研究していた科学者達がこの論文に注目し、機能水としてナノクラスター化された水を製造するようになりました。

数々の試行錯誤の後、株式会社きララ 代表取締役レイエス由利子と 坪井一高は、最良のパートナーとしてめぐり合い、現在の ナノクラスター水 「VIVO」を完成させました。ナノクラスター水「VIVO」は、両パートナーの「情熱」と「人間の心」を重視したビジネスモデルの構築、及び日本の品質に対しての厳しいチェックをクリアした「JAPAN-VIVO」のスペックで次々と世界で高い評価を得、ナショナルスタンダードとして日本から世界へ発信されるようになりました。

www.beltek.co.jp